北国diary

30代。日々の生活、いろいろ。

小樽・日帰り旅④

北の国からこんばんは*

mochiです。

 

小樽日帰り旅③の続きです◎

 

無理だと思っていた金融資料館へ行けたので

目的3つ達成です★

 

**今回の小旅行の目的はコチラ**

 

  1. 「ぴざはうす」で食事
  2. 小樽水族館へ行く
  3. 小樽運河のナイトクルーズ参加
  4. 金融資料館へ行く
  5. アイスクリームパーラー美園へ行く

 

話が前後しますが、ロマンチック街道へ向かう途中、

アイスクリームパーラー美園の店の前まで行ったんですよ。

 

でも、相方がしぶったので断念。

 

水族館でソフトクリーム食べたからだと思われる。

私はパフェ食べたかったのに!

 

次回、小樽へ来たときは絶対行こうと

心に誓ったのでありました。

 

 

さて、話は戻り

小樽運河ナイトクルーズです。

 

ナイトクルーズを選択したのには訳があります。

 

恋人と一緒だから…

というロマンチックな理由ではなく、

ナイトクルーズの方が運河のゴミが見えなくて綺麗だから。

 

 

夕暮れ19:30出航。

f:id:mochimine:20170716215323j:plain

 

運河沿いの街灯はガス灯です。

優しい光に包まれた運河は綺麗でした。

 

ガイドさんの解説を聞きながら約40分のクルーズ。

 

写真を撮りたかったのですが、

運河側に座ったのは相方。

 

私の席からだと、どう頑張っても人の頭が入るので、

写真は断念し、目に景色を焼き付けておきました◎

 

相方をふと見ると、

終始ニコニコしていたので

乗船できてよかったなぁ~と思いました。

 

 

乗船後、札幌に戻ってから

遅い夕食をとる予定でしたが、

帰宅時にハプニングが。。。

 

帰りのJRで、まさかの乗り物酔いをした私。

吐きそうで車内のお手洗いに行くか迷っていたら、

札幌駅に到着したので、札幌駅改札内のお手洗いにて、

数十分、苦しみ抜きました。

 

実は熱中症なんじゃないかと思うくらい、

吐き気と、なぜか頭痛が始まり、

駅の外でしばらく涼んでからタクシーで帰宅しました。

 

ちなみに帰宅後、保冷剤で冷やしていたら

すぐに眠ってしまって、朝目覚めたら元気になっていました◎

終わりよければ全て良し。

 

日帰り弾丸旅行でしたが、

充分楽しめました。

 

クルーズも乗船できたので、

目的4個達成です★

 

**今回の小旅行の目的はコチラ**

 

  1. 「ぴざはうす」で食事
  2. 小樽水族館へ行く
  3. 小樽運河のナイトクルーズ参加
  4. 金融資料館へ行く
  5. アイスクリームパーラー美園へ行く

 

次回は美園でパフェ食べないとね。

 

ちなみに今回の旅での出費は、17,467円でした。

予算内に納まった◎

 

長々と書いてきましたが、

小樽旅行記は今回が最後です。 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ
にほんブログ村

小樽・日帰り旅③

北の国からこんばんは*

mochiです。

 

小樽日帰り旅②の続きです◎

 

水族館へ行けたので、

目的2つ達成です★

 

**今回の小旅行の目的はコチラ**

 

  1. 「ぴざはうす」で食事
  2. 小樽水族館へ行く
  3. 小樽運河のナイトクルーズ参加
  4. 金融資料館へ行く
  5. アイスクリームパーラー美園へ行く

 

水族館から小樽駅へ戻った我々。

クルーズの時間まで3時間程あったので、

ロマンチック街道を散策する事に。

 

街道へ向かう途中、

時間的に無理かと思っていた「金融資料館」へ

閉館1時間前に到着できたので、見学してきました。

 

見学は無料・写真撮影OKです。

 

1時間たっぷり使って見学後、

街道へ向かって歩く。

 

ロマンチック街道は午後6時閉店が多いようで、

観光客もまばらで散策しやすかったです。

 

札幌でも食べられる六花亭のソフトクリームをいただく。

 
f:id:mochimine:20170716231644j:image

 

とっても濃厚。

美味しいけれど、個人的にはさっぱりした

バニラアイスの方が好きです。

 

 街道周辺を散策して、

よい時間になったのでクルーズ乗船場所へ移動。

 

クルーズ乗船については次回。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ
にほんブログ村

小樽・日帰り旅②

北の国からこんばんは*

mochiです。

 

小樽日帰り旅①の続きです◎

 

ぴざはうすで食事ができたので、

目的1つ達成です★

 

**今回の小旅行の目的はコチラ**

 

  1. 「ぴざはうす」で食事
  2. 小樽水族館へ行く
  3. 小樽運河のナイトクルーズ参加
  4. 金融資料館へ行く
  5. アイスクリームパーラー美園へ行く

 

さて、小樽運河でナイトクルーズの予約を済ませ、

また小樽駅へ戻るのでした。

 

駅から運河は徒歩圏内ですよ◎

 

 

小樽駅からはバスで水族館へ。

バス1本で行けます。

 

到着後は夢中で館内散策。

 

1年ぶりに私の愛機、

オリンパスペン e-pl1を起動!

 

f:id:mochimine:20170716223200j:plain

f:id:mochimine:20170716223444j:plain

f:id:mochimine:20170716223722j:plain

 

写真を撮るのが下手くそなのはご愛嬌…

カメラって撮らなくなると色々忘れるんですね…

 

「S」「A」「P」が何のモードだったのかすら

覚えておらず、適当にたくさん撮ってました。 

 

この日の小樽、最高気温が30度こえておりまして、

ペンギンもミストの下で涼んでおりました。

 

f:id:mochimine:20170716224108j:plain

 

JRの「おたる水族館きっぷ」には、

トド・アザラシの餌の引換券が付いてきます。

 

海獣エリアの餌売り場で交換。

 

荷物が多くて写真が撮れなかったのですが、

300円分の餌をもらえました。

餌というが、バケツの中に魚が入ってました。

 

それから餌と一緒に渡されるのが、木の棒です。笑

 

これは餌を狙ってくるカモメ・ウミネコ除けだそうです。

鳥がきたら、棒で撃退。

 

バケツを持ってトドの近くへ行くと、

ちゃーんと鳴いて、餌くれアピールが始まります。

 

アザラシのところはもっとすごくて、

餌くれアピールが激しかったです。

鳴くし、手で胸元を叩いてアピール してきます。

 

個人的には餌やりが一番楽しかったです◎

 

相方がイルカのショーやペンギンを見るのを

楽しみにしていたようです。

 

 

▼トレーナーさん、飛んでました。

f:id:mochimine:20170716225700j:plain

 

 

休憩を挟みつつ、

約3時間の滞在でした。

 

バスに乗ってまた小樽駅へ戻ります。

つづきは次回。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ
にほんブログ村

小樽・日帰り旅①

北の国からこんばんは*

mochiです。

 

 

3連休初日、久々に小樽へ行ってきました!

 

f:id:mochimine:20170716215323j:plain

 

**今回の小旅行の目的はコチラ**

 

  1. 「ぴざはうす」で食事
  2. 小樽水族館へ行く
  3. 小樽運河のナイトクルーズ参加
  4. 金融資料館へ行く
  5. アイスクリームパーラー美園へ行く

 

 

お休みが一緒なので相方と一緒にお出かけです(*^^)

 

まず、札幌駅でおたる水族館きっぷを購入。

www.jrhokkaido.co.jp

 

こちらの切符、なかなか優秀。

  • 札幌駅からの往復券付き
  • 水族館の入場券&エサ引換券付き
  • 小樽築港~南小樽~小樽区間がフリーエリア

 

JRの「お得なきっぷ」は、

いつも旅の計画の際はチェックしています◎

 

11時過ぎ、小樽駅到着。

すぐに向かったのはおたるぴざはうす

 


f:id:mochimine:20170716231723j:image

 

大学生の頃、一人で小樽へ日帰り旅行に行った際に、

立ち寄った思い出のお店。

2回目の訪問は家族と2013年。

 

あのピザが忘れられないので訪問。

4年ぶりだったのね…

 

写真撮るのを忘れたので、

前回訪問時の写真を。。。

今回も同じメニューを注文。

 

※ミックスピザとラザニア(ドリンク付)1,200円

f:id:mochimine:20170716221305j:plain

 

これが我々の朝ごはん兼昼ごはんとなりました。

 

 

食後は運河へクルーズの予約へ向かうのでした。

何故、電話予約しなかったのかというと、

仕事の合間に電話をしてもずーっと話中だったから!

 

トラベルコで検索したらJTBで予約ができる(ちょっと割引される)

みたいでしたが、事前カード決済だったので止めました。

 

今回の旅は相方と1万円ずつ出して、同じ財布で管理。

残金は2人で分け合うというルールだったので、

カードは使用しません。

 

www.tour.ne.jp

 

 

長くなりそうなので、今回はここまで。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます!

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ
にほんブログ村

 

今年もやります!ふるさと納税

北の国からこんばんは*

mochiです。

 

 

今年もふるさと納税をしました。

 

f:id:mochimine:20170711001057j:plain

 

 

初めての「ふるさと納税」は昨年。 

 

きちんと控除されているのか心配だったので、

住民税の決定通知を確認してから、

2017年は申込みしました。

 

 

昨年はビビりながらの5,000円納付。

今年は12,000円の納付です◎

 

 

私の「ふるさと納税」のルールは下記2点。

 

■北海道に納付する

■返礼品は相方と楽しめるものを選ぶ

 

たったこれだけ。

シンプルルールなので、

自治体を探す時間もかかりません。

 

 

私が使用しているサイトはさとふるです。

探しやすく、見やすいですよ◎

 

www.satofull.jp

 

 

 

 

さて、今年はどこの自治体に納付したかと言うと…

昨年と同じく「江差町」です。

 

 

▼昨年と同じくお惣菜セット

www.satofull.jp

 

▼こちらは初めての返礼品

www.satofull.jp

 

 

道南の発展のために

お金が使われると思うと嬉しい◎

 

冷凍庫がパンパンなので、

ハンバーグを入れるスペース作りながら

楽しみに到着を待つ毎日です。